USJに宿泊するならパークフロントホテル!ロケーションと豪華さ抜群!

関東方面からUSJに行くなら、当然2泊3日程度は必要ですよね。

そうすると、ホテル選びも大切になってきます。

ツアーのパンフレットにはUSJに隣接しているものから大阪市内までいろいろ出ているけどでも、どのホテルを選んだらイイのでしょうか。

スポンサーリンク

オフィシャルホテルにはどんなホテルがあるの?

USJに行くなら、JTBの専用ツアーでオフィシャルホテルに泊まるのがもっともおすすめです。

【JTB】ユニバーサル・スタジオ・ジャパン プレミアム・パッケージ

【JTB】ユニバーサル・スタジオ・ジャパン プレミアム・パッケージの楽しみ方についてはコチラをご覧ください。

USJに行くならJTBで!人気アトラクションに待たずに乗れる!ハリポタも
USJに行くと決めたのはイイけれど、休みは土日を絡めてしか取れないし、そうすると人気のアトラクションは何時間も待つことになりそうだし、これじゃあ、2泊3日で行ってもほんのチョットしか楽しめない…。そんなとき、強い味方がありました。JTBの専用ツアーでオフィシャルホテルに泊まると、7つの人気アトラクションが優先的に乗れるだけでなく、アーリー・パークインまでついちゃうんです。

でも、オフィシャルホテルもいくつもあって、どれにしようか悩んでしまいます。

そんなときは、迷わずパークフロントホテルを選びましょう。

JTBの専用ツアーで定められているオフィシャルホテルは次のとおりです。

(ホテルリンク先はいずれも楽天トラベル)

いずれのホテルを選んでも、失敗したと思うようなことはないでしょう。

パークフロントホテルのロケーションは?

パークフロントホテルとは?

正式名称は、「ザ パーク フロント ホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」と言いいます。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンオフィシャルホテルのひとつで、ホテルは、アメリカをイメージした内装になっていて、各フロア毎に過去から未来まで様々な種類のタイプが用意されています。

  • スタンダードフロア…1900年代のアメリカ南部をイメージ(4~7F)
  • スーペリアフロア…ボストン(8-11F)、マイアミ(12-15F)、カリフォルニア(16-20F)、ニューヨーク(21-25F)の各都市をコンセプトに、クラシック、アールデコ、モダン、ポップアートをイメージしたフロア構成
  • ラグジュアリーフロア…アメリカンフューチャーをモチーフにした高層階フロア(26-28Fの)。パークビューフロアからはUSJ全体を見下ろすことが出来、専用のラグジュアリーデスクでのチェックイン、専用のカードキーをかざさないとフロアに停止しないセキュリティエレベーター等の特別な設備があります

主な施設

  • 客室:598室
  • 駐車場:95台
  • 飲食等:ブッフェダイニング「アーカラ」、ピンクベリー、エッグスンシングス、タリーズコーヒー、ウルフギャング・パックPIZZA BAR、CANDY SHOW TIME、ローソン

パークフロントホテルはその名のとおり、USJの目の前にあり、数あるオフィシャルホテルの中で一番USJに近い場所にあります。

他のオフィシャルホテルでも、それほど遠いというほどではありません。

ただし、アーリー・パークインを効率的に利用するなら、やはり入場口に近いに越したことはありませんよね。

週末や休祭日には、アーリー・パークイン専用入口にも長い行列ができています。

アーリー・パークインについての記事はコチラ

USJに行くならJTBで!人気アトラクションに待たずに乗れる!ハリポタも
USJに行くと決めたのはイイけれど、休みは土日を絡めてしか取れないし、そうすると人気のアトラクションは何時間も待つことになりそうだし、これじゃあ、2泊3日で行ってもほんのチョットしか楽しめない…。そんなとき、強い味方がありました。JTBの専用ツアーでオフィシャルホテルに泊まると、7つの人気アトラクションが優先的に乗れるだけでなく、アーリー・パークインまでついちゃうんです。

例え数分でも、時間の節約になるのは大きなメリットです。

スポンサーリンク

パークフロントホテルはどんなところが豪華なの?

パークフロントホテルに宿泊するメリットは、やはりその豪華さに尽きます。

部屋の広さ、つくりの豪華さ、風呂、アメニティの良さは、ココに泊まって良かったと思わせるには充分です。

それでは順にご紹介しますね。

エントランス

やはり「入口」は大切です。

目を見張る豪華さと、ユニバーサルスタジオにいるかと見紛うばかりのオブジェに圧倒されます。

フロント

ココも重要です。

必ず通る場所ですから、気持ちよく利用したいですよね。

部屋

言うまでもありません。

広々感と豪華さと使いやすさのすべてが程よく融合しています。

風呂

実は一番気なる箇所ではないでしょうか。

ココのグレードが高くないと、全体的な満足度も高くなくなってしまいます。

洗面台

ココが使いやすくてキレイかどうかは女性にとっては特に重要です。

まとめ

宿泊料金は決して安いとは言えませんが、USJの目の前にそびえたつ、瀟洒なホテルに泊まれる優越感は、必ず「ココにして良かった」と思わせてくれるハズです。

頻繁にUSJに行く方でなければ、利用してみる価値は充分あると思います。

ぜひご検討ください!

Kaoru

ひとり旅が大好きなオフィスワーカー。
当サイトと 徒然なるママの365日 を運営しています。

Kaoruをフォローする

スポンサーリンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。