ANA国際線ビジネスクラス搭乗記~羽田=香港(NH821)はどんな感じ?

国際線だと飛行時間も長くなるので、できればプレミアムエコノミー以上のシートに乗りたいですよね。

先日、香港に訪問した際、ANAのビジネスクラスを利用しました。

搭乗記をお伝えします。

スポンサーリンク

ANA国際線ビジネスクラスとは?

ANAやJALの東アジアや東南アジア便は、飛行時間の関係からか、基本的にエコノミークラスとビジネスクラスしか用意されていません。

ファーストクラスの設定がないので、ビジネスクラスが事実上の最上位のシートになります。

利用者は、エコノミークラスかビジネスクラスの二択になってしまいます。

ANA国際線ビジネスクラスのメリットは?

1.チェックインカウンターに優先窓口がある

年末年始やゴールデンウィークなどは特にそうですが、チェックインカウンターで荷物を預けるまでに数十分以上待たなければならないこともしばしば…。

そんなとき、ビジネスクラスなら、専用のカウンターがありますので、比較的スムーズにチェックインができます。

また、荷物をたくさん持っていく方は、無料で預けられる重量も増えます。

2.ANAラウンジが利用できる

出国審査後にANAラウンジが利用できます。

国際線のANAラウンジは、様々な食事がとれます。

さらに、ビジネスクラスでは、飛行中に機内で充分な食事がとれますので、そちらを楽しむこともできます。

また、順番待ちになりますが、シャワーも利用できます。

羽田空港国際線のANAラウンジはとてもキレイですので、ぜひシャワーも利用しましょう。

順番が来ると、こんなICカードを渡されます。

中はこんな感じ。

ダイソンのドライヤー、スーパーソニックもありますよ。

3.優先搭乗できる

出発前のゲートは人でごった返していますよね。

でも、ビジネスクラスなら、他の方が搭乗する前に優先的に搭乗できます。

ANAビジネスクラスのシート周りはどうなっているの?

ワタシが今回搭乗したのは、羽田発~香港着のNH821便です。

機材は767-300ERで、アブレスト(座席の並び)は2-1-2です。

ワタシが選択したのは、中央のひとりがけのシート(2D)。

747のキャプテンシートの雰囲気が漂い、独立感があってよかったです。

なお、羽田発00:55~香港着05:00で、東京と香港の時差が1時間ですので、飛行時間はおよそ5時間。

深夜便のため、ゆっくり眠れるかが大きなポイントになります。

その点でも、ひとりがけだと、誰も気にせず寝られますね。

シートはどうなっているの?

ビジネスクラスのシートは、フルフラットではありませんが、ほぼフラットになります。

ちなみに、最新機材の787だとフルフラットになります。

787のビジネスクラスについては、コチラをご覧ください。

ANA国際線ビジネスクラス搭乗記~香港=羽田(NH860)はどう?
国際線だと飛行時間も長くなります。快適に過ごすためには、ビジネスクラスを利用したいですよね。先日、香港=羽田間でANAのビジネスクラスを利用しました。搭乗記をお伝えします。

767でも後席の方を気にすることなく、自由に振る舞うことができます。

寝るときは、座面を倒せるだけ倒して、毛布にくるまって寝てしまいました。

シート周りはどうなっているの?

シート周りには、まず、すぐ横にUSBやコンセントと小さな小物入れがあります。

みなさんが利用しているせいか、USBの挿入口の接触が悪く、スマホが充電できないときがあります。

さらに、アームレストの蓋を開けると、

大きな小物入れがあります。

必要十分な装備となっていて、収納が充実しています。

最新鋭の787は、ビジネスフルフラットシートを互い違いに配置した、スタッガードシート配列が採用されていて、個室間満載なのですが、小物入れなどの収納がまったくありません。

ANA国際線ビジネスクラス搭乗記~香港=羽田(NH860)はどう?
国際線だと飛行時間も長くなります。快適に過ごすためには、ビジネスクラスを利用したいですよね。先日、香港=羽田間でANAのビジネスクラスを利用しました。搭乗記をお伝えします。

767は機材は古いですが、収納が多いので、これはこれで便利です。

モニターも充分な大きさです。

スポンサーリンク

ANAビジネスクラスの食事はどうなっているの?

ワタシが今回搭乗した羽田発~香港着のNH821便は深夜便のため、夕食はありません。

寝る前にCAさんが朝食のために起こすかどうか確認してくれます。

ちなみに和食と洋食が頼めますので、ワタシは和食を選択。

朝食としては充分過ぎるボリュームと、ほどほどのお味でした。

まとめ

ANAのビジネスクラスは他のキャリアと比べるとサービスはさっぱりしている印象です。

深夜便だと、食事の時間がとれないために、とくにシンプルな印象が強くなりますね。

でも、ほぼフラットな姿勢で夜寝られるのは、何もにも替えがたいものなのではないでしょうか。

特に、飛行前にANAラウンジでシャワーを浴びるとぐっすり寝られます。

ぜひ一度お試しくださいね。

Kaoru

ひとり旅が大好きなオフィスワーカー。
当サイトと 徒然なるママの365日 を運営しています。

Kaoruをフォローする

スポンサーリンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。