古都チェンマイのカフェと食事は?おすすめをご紹介します

タイ北部のステキな古都、チェンマイはカフェの街でもあります。

ステキなカフェとオイシイ食事…。

太り過ぎないように、楽しみたいですね。

スポンサーリンク

チェンマイのカフェと食事はどうなっているの?

チェンマイのカフェ事情は?

タイ北部の古都、チェンマイにはステキなカフェがたくさん。

何でこんなにチェンマイにはカフェがたくさんあるのか不思議に感じてしまいます。

チェンマイは、別名「ノマド天国」と呼ばれるほど、各国からたくさんのノマドワーカーたちが集まって暮らしています。

もともとステキなカフェがあり、wifi環境も充実。

そこに、街の静かさ、物価の安さが加わってノマドたちが自然と集まり、さらにカフェが増えた…。

そんなコトもあり、街にあるカフェはどれもステキなところばかりで、モチロン、wifiもバッチリです。

朝早くから夜遅くまで営業しているところも多く、24時間営業というお店もあります。

店内にはコーワーキングスペースがあるお店もあるなど、まさにノマドたちにはうってつけ。

ワタシたち旅行者も、ちょっと一息するには充分過ぎるくらいのステキなお店ばかりですよ。

チェンマイの食事事情は?

チェンマイの食事は、とってもフツーです。

バンコクよりもやや控えめな印象ですが、その分静かで清潔なお店がたくさんあります。

さらにバンコクよりも物価が安いので、おいしいものをリーズナブルに注文できるという印象です。

また、チェンマイのカフェ事情を反映してか、単に食事だけでなく、食後のコーヒーなどもすごく充実しています。

チェンマイのカフェにはどんなところがあるの?

いくつかおすすめのカフェをごご紹介します。

1.Akha Ama Coffee La Fattoria(アカアマコーヒー・ラファットリア)

時間が足りなくて、いろんなカフェに行けない場合はココ。

旧市街でひと休みしたり、コーヒー豆をお土産に買ったりしたかったら、このカフェで完結しますよ。

アイスカフェラテは60THB。

お土産用のコーヒー豆は80THBから。

アカ族の衣装を着けたリーさんのお母さん(=アマ)がロゴマークになっています。

2.Ristr8to(リストレット)

ニマンヘミン通りにある、とってもオシャレなカフェ。

店名の「リストレット」とは、最初に抽出した15~20mlのコーヒーのことだそうで、店内ではそれをベースにしたさまざまなオリジナルブレンドを味わうことができます。

オリジナルのコーヒー豆も販売していますので、お土産にどうぞ。

世界チャンピオンになったこともあるバリスタさんが描くラテアートがステキです。

2号店の「Ristr8to Labo」はオープンカフェで人気です。

3.Graph Cafe(グラフ・カフェ)

三人の王様の広場から徒歩数分のことろにあります。

店内は3席とこじんまりしていて、すぐに満席になってしまいますので、空席があったら即入店しましょう。


スポンサーリンク

チェンマイのお食事にはどんなところがあるの?

チェンマイに数多くあるカフェの中でも、旅行者が利用しやすく、かつオシャレな、おすすめのカフェはコチラです。

この記事でご紹介した高級スパの後、まったりしちゃってくださいね。

おすすめは次のところです。

1.Ratana’s Kitchen

ターペー通りに面している、分かりやすいお店です。

中には外国人のお客さんもたくさん。

大通りに面しているにもかかわらず、とってもリーズナブルな料金です。

・鶏肉のカオソーイ 70THB
・タイ風ミルクティー 50THB
・春巻 60THB

しめて180THB(約700円)。

うっ、結構な量を食べてる…。

2.MAMA’S KITCHEN

ニマンヘミン通りにある、ONE NIMMAN(ショッピングセンター)にあるお店。

ONE NIMMANは、ショッピングセンターですが、この中でショッピングからマッサージまで完結しますので、ぜひ行ってみてください。

フードコートの中にありますので、休憩がてらにどうぞ。

ちなみにコレは牛肉チャーハン(60THB)です。

3.Tam Leung noodle

以前、

チェンマイ~スパやマッサージはどれがイイ?おすすめをご紹介
北タイの古都、チェンマイ。旧市街を散策するだけでも、なんだかとっても楽しい気分になります。歩き回って疲れたカラダも、ステキなスパで疲労回復です!

でご紹介した、オアシススパからすぐのお店です。

オアシススパで施術を受けて、お腹を空かしてから行くとイイかも知れませんね。

こちらも東南アジアの雰囲気タップリのお店ですが、バンコクと比べると、ちょっと小奇麗です。

モチロン、お値段もリーズナブル。

この海老カレーいためは、なんと50THBです。

3.Chan Moi Coffee(チャーンモイ・カフェ)

お店の名前に「Coffee」とつくので混乱しますが、中国系ラーメンの「食堂」です。

どれもリーズナブルで、お店の雰囲気も、これぞ「東南アジア」という感じで、ワタシは好きです。

食事が60THB、飲み物(?)が20THB、しめて80THBでした。

小腹を埋めるのにはちょうどいい感じです。

まとめ

チェンマイにはステキなカフェやレストランがたくさんあります。

でも、比較的小さなお店が多いので、あっという間に席が埋まってしまうことも…。

ちょっと早めに行動しましょうね。

スポンサーリンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。