香港からマカオへのアクセスは?中環駅からフェリー乗り場まで解説

「東洋のラスベガス」として有名なマカオ。

実はカジノだけではなく、30もの世界遺産にも囲まれた魅力たっぷりの街です。

香港からマカオへのフェリーでの行き方をお伝えします。

スポンサーリンク

マカオへのアクセスは?

日本(東京)からマカオへは何通りかのルートがあります。

1.東京から香港を経由する

羽田又は成田から空路で香港へ行き、香港からフェリーでマカオへ向かいます。

主な香港のフェリー乗り場は3箇所、マカオでの到着場所は2箇所あります。

(1) 香港空港から直接マカオへ

目的地がマカオだけの場合はもっともロスが少なくてわかりやすいルートです。 空港を出ないでそのままフェリー乗り場へ向かいます。

(2) 香港空港を出てフェリーでマカオへ

香港国際空港のスカイピア内に「香港国際空港フェリーターミナル(海天客運碼頭出入境管制站)」があります。

もっともポピュラーなアクセスですが、香港内には行けませんのでご注意ください。

a.MTR 尖沙咀(チムサーチョイ)駅から

香港一の繁華街である尖沙咀(チムサーチョイ)駅の近くにフェリー乗り場「チャイナ・フェリーターミナル(中国客運碼頭出入境管制站、中港城)」があります。

尖沙咀周辺に宿泊して日帰りマカオ観光も良いですね。

ただし、次にご紹介する「香港・マカオフェリーターミナル(港澳客輪碼頭出入境管制站)」からのフェリーより便数が少ないので注意してください。

なお、尖沙咀(チムサーチョイ)までのアクセスについては、 https://tsurezure365.com/2449.html 尖沙咀(チムサーチョイ)周辺のおすすめホテルについては、 ワタシの姉妹サイト

初めての香港女子旅は尖沙咀で!おすすめホテルは「パノラマ」です!
日本からわずか4時間ほどの香港は、女子旅でも大人気です。 夜景、ショッピング、マッサージ、はたまたディズニーラ…

でご紹介しています。

b.MTR 上環(ションワン)駅から

香港島の上環(ションワン)駅付近にもフェリー乗り場「香港・マカオフェリーターミナル(港澳客輪碼頭出入境管制站)」があります。

チャイナ・フェリーターミナルよりも、香港・マカオフェリーターミナルからのフェリーの方が便数も多く、方が何かと便利です。

c.MTR 中環(セントラル)駅から

上環(ションワン)駅から行く方が近いため、一般的には上環駅が最寄駅として案内されていますが、香港エアポートエクスプレス(機場快線)の終点である香港駅とMTR中環(セントラル)駅は直結していますので、コチラからも「香港・マカオフェリーターミナル(港澳客輪碼頭出入境管制站)」へ行けます。

上環(ションワン)駅に行くために、わざわざ1駅分だけMTRに乗らなくて良いのでおすすめです。

2.東京から直接マカオへ

成田空港からマカオまでの直行便があり、タイパ島にあるマカオ国際空港へ到着します。

タイパ島から、マカオの中心部までの移動は陸路になります。

2018年10月23日、香港~マカオ~珠海を結ぶ、総延長55キロメートルの海上橋「港珠澳大橋」が開通しました。ただし、香港国際空港の東側にある「香港口岸」という場所がシャトルバスの発着場所で、香港島や九龍からは、移動時間を含めると今のところフェリー以上に時間がかかります。

トータルでかかる料金もフェリーと比べて少し安いぐらいです。

何としても「港珠澳大橋」を渡りたい、安くマカオに行きたい、いう人以外はあまりおすすめできません。

どのルートが便利なの?

マカオの到着地を決める

まずは、マカオの到着地としてどこを選ぶかを決めましょう。

カジノだけを楽しみたいのであれば、タイパ島に到着しても不便はないでしょう。

その場合はマカオへの直行便を検討しても良いと思います。

ただし、世界遺産や、古くからのマカオの街並みも楽しみたいのであれば、外港などから本島へ到着しないと、結局タイパ島から移動することになるため、かえって時間がかかってしまいます。

さらに、出発が成田空港になることや便数が極端に少ないことなどもあらかじめ頭に入れておく必要があります。

日本から香港までは便数も多く便利ですので、特別な理由がない限りは東京~香港間のルートが無難です。

香港を経由するか、しないか

日本から香港まで行く場合でも、香港空港から直接マカオへ行くのか、いったん空港を出てからマカオへ行くのかの選択があります。

マカオしか観光しないなら直接ルートで、香港にも立ち寄りたいならいったん空港を出るルートになります。

空港を出ない直行ルートは、香港での入国手続を省略できるため便利です。

ただ、空港からマカオへのフェリーは、チムサーチョイ及び上環からのフェリーと比べ便数が少ないので、空港到着の時間とフェリーの出航時間との兼ね合いを良く確認してくださいね。

なお、空港を一度出てしまうと、香港への入国手続を行うこととなり、空港から直接マカオへ行くルートは利用できなくなります。

尖沙咀駅か上環(中環)駅か

いったん香港に入国する場合は、尖沙咀駅近くの「チャイナ・フェリーターミナル」から出港するか、上環(中環)駅近くの「香港・マカオフェリーターミナル」から出港するか、2つのルートがあります。

尖沙咀駅と上環駅間はMTRに乗ればすぐですのであまり気にする必要はありません。

九龍(尖沙咀)で観光するか、香港島(上環)で観光するかでお決めになればよいと思います。

で、結局どれが便利なの?

一般的には羽田の方が便利でしょうし、飛行機の便数も多い方が無難です。

また、マカオでは世界遺産もご覧になりたいと思いますし、香港で少しショッピングもしたいのではないでしょうか。

そうすると、フェリーも便数が多い方がギリギリまで買い物がしやすくなりますね。

これらを勘案すると、東京~香港国際空港~上環(中環)~マカオ(外港)ルートが最も便利です。

モチロン、アナタの目的に合わせたルートが一番ですので、じっくり検討してみてくださいね。

参考として、フェリーの利用についてまとめてみました。

ルート便数所要時間(目安)運行会社料金
(大人)
香港国際空港 → マカオ(外港)4便/日70分ターボジェットHKD270~
香港国際空港 → タイパ5便/日65分コタイジェットHKD270~
マカオ・フェリーターミナル(上環) → マカオ15分ごと55分ターボジェットHKD171~
マカオ・フェリーターミナル(上環) → タイパ30分ごと60分コタイジェットHKD171~
チャイナ・フェリーターミナル(尖沙咀) → マカオ15便/日60分ターボジェットHKD171~
チャイナ・フェリーターミナル(尖沙咀) → タイパ6便/日65分コタイジェットHKD171~
新界(屯門) → マカオ7便/日40分ターボジェットHKD164~
スポンサーリンク

香港~中環駅ルートはどうやって利用するの?

ワタシの独断と偏見で決めた香港~中環駅ルートの利用方法をお伝えします。

せっかくですから、マカオ(外港)についた後、ホテルの無料送迎バスの乗り場までご案内しますね。

1.中環(セントラル)駅を出て、E出口へ向かう

中環駅を出たら、ひたすら「E」出口へ進みます。

2.出口E(國際金融中心一期)方面に向かう

「國際金融中心一期」(One ifc)方面へ向かいます。

何があっても(笑)「國際金融中心一期」(One ifc)方面へ向かいます。

3.出口方面のエスカレーターを上がる

このエスカレーターにたどり着いたら、上のフロアに上がってください。

4.國際金融中心一期に着いたら、外の通路へ

エスカレーターを上がったところが國際金融中心一期です。

その場を少し見渡すと、外に屋根付きの通路が見えますので、扉を出て外へ。

5.屋根付きの屋外通路を進む

屋根の下には「マカオ・フェリーターミナル」の看板があるので一安心です。

途中で右に曲がります。

あとはひたすら通路を進みます。

6.信徳中心ビルに入る

通路から「MARKS AND SPENCER FOOD」と書かれたガラスが見えたら、そこが「信徳中心」です。

ビルの中に入り矢印に従ってまっすぐ進みます。

エスカレーターを上がるとチケットカウンターと乗り場がありますので、手続きしてください。

購入した直後のフェリーに乗れることはまれですので、早めに購入してください。

ワタシはチケット購入後、少々時間があったので、近くの「吉野家」で一服しました。

お茶は無料サービスで、30HKD(約450円)でした。

7.フェーリーに乗船する

簡単なものですが、入国手続がああるので早めに行動しましょう。

購入すると、このようなチケットを渡されます。

出発の日にちと時間を確認してください。

入船前に座席が手管理で決められ、座席番号を示すシールが貼られて、チケットの半券が切られます。

時間が来たら係員の指示通りに船内へ。

シートはエコノミー席でも比較的ゆったりしています。

8.「公共巴士」に乗る

無事、マカオの外港ターミナルに着いたら、「公共巴士」と書かれた案内を探し、矢印に従って屋外に出ます。

その後、一度階段で降りて、

短い地下通路をくぐって、エスカレーターで地上に出ます。

出てすぐのところにバス乗り場がありますので、目的地(ホテル)に向かう無料送迎バスを見つけてください。

まとめ

マカオ行のフェリーは、そこそこ豪華でゆったりしています。

ただ、結構揺れますので、船酔いしやすい方は、事前に準備をしておいた方が無難です。

では、楽しい旅を!

スポンサーリンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。